講師.com相談先電話0120-504-395 専門家.com
koushihome考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
トップ » カタログ » 13-東京都の講師 » g3317 アカウント(登録住所等)  |  選んだ候補一覧を見る  |  ご相談に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1087人
教養-> 414人
考え方/生き方-> 1132人
子育て/教育-> 721人
健康/生活-> 723人
政治/経済-> 678人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2502人
芸能/作家-> 269人
資格別-> 386人
研修-> 2125人
都道府県から選ぶ↓
お薦め講師 全講師表示
西岡 郁夫
西岡 郁夫
新着講師 全講師表示
岡井 祥子
岡井 祥子
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講師登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
ご利用規約
お問い合わせ
講師名-きっかわ 美津子 このカテゴリへ戻る
100,000円(税込)

(交通費・宿泊費の実費が別途必要。)
地域:
   13-東京都の講師
識別番号:     g3317

お友達にお知らせする
担当者に質問する




葬儀・お墓の仕事を通じてさまざまな「死」の現場に接してきました。
孤独死したおじいちゃん。
事故死した若者、
多大な功績を残された大臣、
突然逝ってしまった芸能人etc.
「死」を通じて私が学んできたことは数知れません。
葬儀業界は今変革の時期に突入しています。日本人の死生観や家族環境、地域での暮らし方が変わっただけでなく、情報化社会を迎えて葬儀にまつわる情報があふれる時代になりました。
葬儀・仏事業界へ新規参入する企業が増え、競争は激化しています。
「死」と向き合う仕事に携わって10数年。葬儀・仏事の業界情報はもちろん、ホスピタリティやグリーフケアなども一緒に考えながらお届けできればと考えています。

<お名前>
きっかわ 美津子

<フリガナ>
キッカワミツコ

<講演料金>
100000 円(90分〜120分程度での目安)
(宿泊費、交通費別途)

<肩書き>
葬儀・お墓・仏事コンサルタント

<主な経歴>
旅行が好き!人と接するのが好き!という思いを胸に大学卒業後はツアーコンダクターとして国内・海外を飛び回ること3年。その後はシンガポールの旅行会社勤務、外資系旅行外は勤務を経て、旅行ライターに。旅行業界誌やガイドブック「地球の歩き方」など取材・執筆。
ライターとして活動中、葬儀のお手伝いをしたことがきっかけで葬儀業界へ参入。大手葬儀社勤務→大手仏壇・墓石店勤務などサラリーマン生活の後、駿台トラベル&ホテル専門学校にてプロの葬祭スタッフを養成する葬祭ビジネスコースの運営に携わる。
2006年にアルックを設立。現在は葬儀社起業のアドバイス、スタッフ教育、葬儀関連の情報発信を行っている。オールアバウト「葬儀・お墓」サイトで記事連載中。

<主な講演テーマ1>
◆注目の成長産業「葬儀・お墓」ビジネス戦略
高齢化社会を向かえ年間死亡者数は100万人を超える時代になり、葬儀・お墓ビジネスは成長産業として注目を集めています。景気に左右されないと言われつつも、異業種からの参入が増えたり、葬儀のシンプル化、小型化の影響で競争も激化。葬儀やお墓、その他「死」に絡むエンディングビジネスについてお話します。

<主な講演テーマ2>
◆究極のホスピタリティは葬儀にあり!
大切な方を亡くしたばかりの遺族を目の前にしたとき、あなたは何と声をかけますか?どんなに美しく着飾っても、万全の接客マナーで対応しても、心が伝わらなければ遺族に受け入れてもらえません。表面上のホスピタリティはもうたくさん!心に響くホスピタリティを目指しませんか。

<主な講演テーマ3>
◆「死」が教えてくれた大切なこと
葬儀という仕事を通じて、私はさまざまな死に直面しました。初めての葬儀のお手伝いは、竹が生い茂った広い一軒家の主の死。お茶を出した瞬間、おばあちゃんの目からポロポロと涙がこぼれたのが印象的でした。時には事故死、そして自殺、芸能人の死もありました。
そのたびに、遺族から故人への思いを伺い、僧侶からは師の教えを賜ります。人情味あふれる葬儀もあれば、冷たい葬儀もありました。
死は、自分の生き方、人に対しての接し方、ご先祖や両親への向き合い方を教えてくれました。
「死」を考えることによって、自分自身を見つめなおすことができます。

<主な講演テーマ4>
◆現代のお葬式・お墓事情
1990年代以降、葬儀・お墓の業界は大きく変化しています。祭壇は白木祭壇から色とりどりの生花を盛り込んだ花祭壇へ。お墓は先祖代々のお墓だけでなく、納骨堂、散骨、個人墓などさまざまなスタイルが登場してきました。宗教観も変化し、宗旨・宗派にとらわれない無宗教葬も増えつつあります。
環境の変化、家族関係の変化、人生観、宗教観などから枝分かれしている現代の葬送事情をお話します。

<主な講演テーマ5>
◆マナー本では教えてくれない「葬儀・仏事」実践マナー
マナー本には必ずといっていいほど、「弔辞マナー」「お葬式マナー」などが記されています。しかし、実際の現場では事情が異なっていたり、情報が古かったり、正しい宗旨・宗派の作法でないこともしばしば。実際の現場に即したマナーをお教えします。

<主な講演テーマ6>
◆誰にも聞けない「葬儀・お墓」の値段
自分の葬儀、身内の葬儀、いったいどらくらい費用がかかるのでしょうか。平成15年、日本消費者協会の調査によると、全国平均236.6万円(葬儀一式、寺院、飲食接待費用)となっています。このほかにお墓を建てるとなると、プラス200万〜300万円。
車1台分以上の出費、もう少し余裕を持って考えてみませんか。

<主な講演テーマ7>
◆ホテルや料亭で行われる「法要」に求められているもの
葬儀の後の会食や、法事などをホテルや料亭で行う人が増えています。黒服で館内をウロウロされるのはどうも・・・と敬遠するホテルが多いのも事実ですが、需要が拡大する法要マーケットを排除するのは時代の流れから逆行して」います。法要を通じて故人を上手に思い出すことはグリーフケアの面でも大切なこと。今、法要に求められていることは何かを考えていきます。

<受けられる講演形式>
講演、研修、ケーススタディ、パネリスト

<講演実績>
民間企業、カルチャーセンター、専門学校

<年間講演回数>
約10回

<著作物・論文等>
1995年〜1997年 月刊「トラベルジャーナル」(トラベルジャーナル社)
1995年地球の歩き方「フィリピン編」(ダイヤモンドビッグ社)
1996年地球の歩き方「タイ編」(ダイヤモンドビッグ社)
1997年個人旅行「シンガポール編」(昭文社)
2003年〜2006年 月刊「フューネラルビジネス」(綜合ユニコム)
2007年 「SQUARE」(レジャー・サービス産業労働情報開発センター)
2008年 月刊「ビジネスデータ」

<出身地>
東京都

<母校>
東洋大学短期大学観光学科
最新のレビュー: 9
 

この講師は 2008/02/18 にカタログに登録されました。

レビューを読む

地域情報
その他の講師
友達に知らせる
 
この講師のURLを友達にメールする

株式会社イー総研® 講師.com®は株式会社イー総研の登録商標です。
本サイト上で記載されている写真、講演者名(芸名)、キャッチフレーズ等の権利は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研グループサイト 専門家.com 取引先.com 見積.jp 見積り.jp 見積もり.jp 講演.com 自然薯.com