講師.com相談先電話0120-504-395 専門家.com
koushihome考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
トップ » カタログ » 芸能/作家 » 画家 » g3119 アカウント(登録住所等)  |  選んだ候補一覧を見る  |  ご相談に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1091人
教養-> 415人
考え方/生き方-> 1136人
子育て/教育-> 722人
健康/生活-> 723人
政治/経済-> 678人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2507人
芸能/作家-> 269人
  その他芸能 19人
  アナウンサー 26人
  コラムニスト 11人
  ジャーナリスト 54人
  タレント 14人
  パフォーマンス 10人
  マジック 3人
  映画 5人
  音楽家 18人
  歌手 1人
  画家 2人
  作家 60人
  写真家 7人
  俳優 7人
  漫画家・アニメ作者 2人
  漫才 3人
  落語 27人
資格別-> 386人
研修-> 2130人
都道府県から選ぶ↓
お薦め講師 全講師表示
西岡 郁夫
西岡 郁夫
新着講師 全講師表示
山本 真也
山本 真也
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講師登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
ご利用規約
お問い合わせ
講師名-滝本 洋子 このカテゴリへ戻る
要相談

(交通費・宿泊費の実費が別途必要。)
地域:
   13-東京都の講師
識別番号:     g3119

お友達にお知らせする
担当者に質問する




魂の声をアートにする「我書(わしょ)アート」を考案し、その我書アートの
ワークショップをスタートさせもう5年になる。この間たくさんの人たちがこのワークに参加
され、自分の内側を静かに見つめ、自己の深い本質に自ら気づかれていった。
人が真の幸せを見つけるためには、自分の中を見ることからはじまる。
けして外側ではない。
自分の人生のお手本は、自分の中にある。「お手本は自分自身」なのだ。
外側のどんな権威にも依存することなく、自分を本当に愛し、自分を信頼することを学べばすべての闇は終わる。寂しさも、憎しみも、嫉妬も、コンプレックスも、焦りも、不足感も、みんな自分の光の中で消える。
本当の光は自分の内側から輝き出す。
喜びと挑戦は自分の中からふつふつとわきあがってくるのだ。
人生は常に喜びと光と挑戦に満ちあふれている。
人生はけして修行ではない。それは魂の冒険なのだ。

<お名前>
滝本洋子

<フリガナ>
たきもとようこ

<講演料金>
要相談

<肩書き>
我書アートワーク代表。アーティスト。

<専門分野・資格名称等>
滝本洋子の経験にもとづく自身の気づきと癒しと成長に関する講演。
我書アートワークを通してのコーチング。
自分さがし、意識変革などのメルマガ、滝本洋子の「小さな私と大きなわたし」をウェーブ上で発信。我書アート及びコンテンポラリーアーティスト。エッセイスト。

<主な経歴>
1970年代、フォーク歌手中村洋子として活躍。渋谷の「ジャンジャン」などのライブハウスや各地のコンサートなどで演奏活動をする。中津川フォークジャンボリーなどにも出演。
クラウンパナムレコード、CBSソニーレコードなどからメジャーデビューする。
○「風船」ミッキーカーチス作詞作曲。○「あなたのいない夜」荒木一郎作詞作曲。○「赤い靴」岩谷時子作詞、三沢郷作曲。○「越後のはなし」荒木とよひさ作詞作曲。○「花の海」二条冬詩作詞、栗田俊夫作曲。などレコート発売。
丁BСテレビドラマ【赤い靴】の主題曲、丁BSテレビワイドショー【3時にあいましょう】エンデングテーマソング(「午後のささやき」阿久悠作詞、戸倉俊一作曲)などを歌う。
山形放送ラジオ「デイトナイトミュージック」「歌謡エキスプレス」などのDJレギュラー番組を持つ。「ギンザNОW」などのテレビ、ラジオ番組にも多数出演。
1980年代、坂本九が歌う【独り暮らし】の作詞を手がける。
ラジオ番組「滝本洋子の奥様一口メモ」のパーソナリティーをつとめる。
1994年より、墨で魂の心を描く【我書アート(わしょ)】としての詩画の制作を始め、
「月刊カドカワ」などで作品の連載をする。
1997年から2000年、N丁丁ホームページ上で、インターネット滝本洋子個展作品連載(山田かまち作品掲載後、滝本洋子がページを引き継ぐ)
2000年、松竹映画オープニングロゴ「HUМANDREAМ」のHМを制作映画館上映。
その後、独自の手法で描くコンシャスアートの制作を本格的にスタートさせ個展や雑誌など発表している。
近年はアーティストとして作品を制作し個展などで発表するかたわら、
【我書アート】のワークショップを主催し、
東京、仙台、広島、伊豆、八ヶ岳などでワークを行い我書アートの普及に努めている。
個展経歴
2007年仙台みやしんギャラリー「滝本洋子コンシャスアート展」開催
2007年ギャラリー優空間「滝本洋子コンシャスアートの世界展」開催
2007年原宿ギャラリーロード「滝本洋子コンシャスアートと我書アートグループ展」開催
2004年中目黒アスマラギャラリー「滝本洋子コンシャスアート展」開催
2004年神田ギャラリー「我書アート参加者グループ展」開催
2002年原宿ギャラリー企画展「滝本洋子コンシャスアート展」開催
2002年横浜「フナイオープンワールド」コンシャスアート展示
2002年浜松町貿易センタービル内「アートショー」に滝本洋子アート作品出展
2001年原宿ギャラリー企画展「滝本洋子コンシャスアート展」開催
2000年銀座ギャラリー企画展「滝本洋子無限へのいざない展」開催
1998年中目黒ギャラリー「滝本洋子心の詩画展」開催我書アート作品連載

<主な講演テーマ1>
「自分を愛するという生き方」
人が真に幸せになるための一番の基本が、「自分を愛すること」。
「自己を愛し、敬い、信頼すること」。これ以上人間にとって尊いことはないと思う。
そのことを真に悟ったのは、結婚生活にピリオードを打った後のことだ。
『自分の心にもうけして嘘はつかない!』そう固く決心したのは今から14年前のこと。
自己否定でどうしょうもない自分から、自己を信頼し好きになれた自分が今いる。
我がまま勝手に生きるのではなく、本当の意味で「自分を愛することを学ぶ」。
そして自分を愛するように人をもまた愛することが大切なのだ。

<主な講演テーマ2>
「人はなぜ苦しみの中を生きるのか」
私は15の時からその答えを知りたかった。
父親の経営する会社が倒産し一家離散になった後、
この苦しい現実の中でその答えを必死に求めつづけて生きてきた。
その後の過酷な人生は、私に「人間を生きる」とは何かについて
常に考え続けるチャンスを与えてくれた。
そして今は思う、人生には「無駄」などということは一つもないということを。

<主な講演テーマ3>
「自分の胸の中から湧き上がってきた言葉の数々」
自分を愛しなさい、遠回りすることの大切さを知りなさい、体の声を聴いて、流れのままでよし、イメージを信頼して…
私は夫との離婚後、ノートの上に自分の感情を吐き出し続けていた。ノートの上にはエゴを超えたもう一人の自分の深い叡智に満ちた言葉があふれていた。
それは愛とやさしさにあふれた言葉の数々だった。

<主な講演テーマ4>
「娘の自死をのり越えて」
1年半前、ある日突然24歳の若さで自らの命を絶った我が子。
あまりにもそれは衝撃的だった。
たった一人しかいない子供を失った母親の悲しみと絶望は、想像を絶するものだ。
極限状態の悲しみの後、私は彼女から「存在」とは何かという根源的なものを学んだ。
以上の講演テーマにこだわらずテーマを設定して頂いてもそのテーマに沿ってお話させていただきます。

<受けられる講演形式>
講演会、トークショウ、朗読会など柔軟に対応いたします。

<講演実績>
2006年、ピュア洋子主催「滝本洋子講演会、タイトル自己尊厳」。
2006年、前向きに生きる会主催「滝本洋子講演会、タイトル前向きに生きる」
2007年、いきいきライフ主催「滝本洋子講演会、テーマ自分を愛する生き方」
2007年、人間科学研究所主催「滝本洋子講演会、タイトル自分の中の高次元の私との対話」
2007年、人間関係とストローク主催「滝本洋子講演会、自分を愛するということ」
2007年、文字道主催滝本洋子の「胸の中から湧き上がってきた言葉」の朗読会
その他、2003年より2007年現在まで「我書アートワーク」の中でミニ講演会多数実績

<メディア出演等>
雑誌、新聞インタビュー等
・2007年3月5日発行新聞「定年時代」
滝本洋子我書アートインタビュー記事
・2007年2月18日発行「朝日新聞ASACОМ」紙面上
著書゛ジュンと帽子とぬいぐるみ゛の滝本洋子インタビュー記事
・2007年ヒーリングリラックセーション発行「FiveSenses」
春号滝本洋子我書アートインタビュー記事
・2006年12月冬号雑誌「仙台トラビィス」
我書アート取材記事
・2006年2月号月刊紙「毎日が発見」
我書アートワーク参加者体験記事
・2004年3月号七田チャイルド「右脳生活」
滝本洋子インタビュー記事
・2004年3月号月刊誌「アネモネ」
編集者による我書アート体験記事
・2003年5月号月刊誌「アネモネ」
滝本洋子コンシャスアート作品掲載
・2001年1月号美術雑誌「芸術公論」
滝本洋子コンシャスアート作品掲載
・2001年3月号美術雑誌「芸術公論」
滝本洋子コンシャスアート掲載
・2001年8月号月刊誌「あなたにエール」
滝本洋子コンシャスアート作品掲載
・2001年10月号小学館月刊誌「ムー」
特別とじ込附録として滝本洋子コンシャスアート作品掲載
・2000年11月号美術雑誌「芸術公論」
滝本洋子コンシャスアート掲載
・1999年11月1日発行「サンケイスポーツ新聞」
滝本洋子個展インタビュー記事
・1998年10月号月刊紙「たま」
滝本洋子我書アート作品掲載
・1997年9月17日発行「読売新聞」
著書゛きんたろうあめ゛広告記事記載
・1997年9月29日発行「朝日新聞」
著書゛きんたろうあめ゛広告記事記載
・1997年10月3日発行「読売新聞」
滝本洋子インタビュー記事
・1997年12号月刊紙「ダビンチ」
編集部が選ぶ百冊に著書゛きんたろうあめ゛掲載
1996年6月号から
1996年12月号まで月刊誌「月刊カドカワ」に詩画作品毎月連載

<著作物・論文等>
1995年「わたし戦う中学生」長女滝本久美子著書 ロングセラー出版の本をプロデュースする
1997年「きんたろうあめ」三五館より出版
2000年「あなたのまんまで素敵」宙出版より出版
2005年「ジュンと帽子とぬいぐるみ」ゴマブックスより出版

<受賞歴・記録・出場歴等>
2000年日本美術選賞受賞
2001年現代日本芸術賞受賞
2001年アニバーサリー芸術賞受賞

<出身地>
東京
最新のレビュー: 12
 

この講師は 2007/09/04 にカタログに登録されました。

レビューを読む

地域情報
その他の講師
友達に知らせる
 
この講師のURLを友達にメールする

株式会社イー総研® 講師.com®は株式会社イー総研の登録商標です。
本サイト上で記載されている写真、講演者名(芸名)、キャッチフレーズ等の権利は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研グループサイト 専門家.com 取引先.com 見積.jp 見積り.jp 見積もり.jp 講演.com 自然薯.com