講師.com相談先電話0120-504-395 専門家.com
koushihome考え方/生き方 子育て/教育 政治/経済 健康/生活 環境/科学 ビジネス スポーツ 芸能/作家 研修 資格別 やる気アップ 教養
トップ » カタログ » 考え方/生き方 » 文化論 » m2612 アカウント(登録住所等)  |  選んだ候補一覧を見る  |  ご相談に進む   
講演分野から選ぶ↓
やる気アップ-> 1087人
教養-> 414人
考え方/生き方-> 1132人
  うつ 33人
  その他生き方等 99人
  ニート・引きこもり 34人
  ボランティア 34人
  介護と福祉 62人
  国際協力 31人
  困難の克服 62人
  女性として 185人
  戦争体験/被爆体験 6人
  文化論 30人
  平和学習 16人
  老後 102人
  心の持ち方 249人
  経験・体験 189人
子育て/教育-> 721人
健康/生活-> 723人
政治/経済-> 678人
環境/科学-> 166人
スポーツ-> 72人
ビジネス-> 2502人
芸能/作家-> 269人
資格別-> 386人
研修-> 2125人
都道府県から選ぶ↓
お薦め講師 全講師表示
大塚 昌子
大塚 昌子
新着講師 全講師表示
池田ノリアキ
池田ノリアキ
インフォメーション
ご相談から講演の流れ
講師登録はこちら
会社概要
よくある質問
法律等に準拠した表記
プライバシーポリシー
ご利用規約
お問い合わせ
講師名-押田 榮一 このカテゴリへ戻る
要相談

(交通費・宿泊費の実費が別途必要。)
地域:
   28-兵庫県の講演
識別番号:     m2612

お友達にお知らせする
担当者に質問する






<お名前>
押田榮一(栄一)

<フリガナ>
オシダ エイイチ

<講演料金>
要相談 15 万円 (90分〜120分程度での目安)

<肩書き>
工学博士
情報文明研究所 代表
 (元・NTT情報文化センタ 所長
 元・龍谷大学 社会学部 教授)
 関西学院大学 総合コース 非常勤講師
 災害時医療連絡協議会 会長 

<専門分野・資格名称等>
 情報文明論、情報システム論、災害時医療

<主な経歴>
1956神戸大学 理学部 物理学科卒
日本電信電話公社 入社
 技師長室などを経て、主として長距離伝送技術
 テレビ電話、テレビ会議システムなどの開発に従事
 電話局長、料金局長などを歴任
1984NTT情報文化センタ 所長
NTT発足記念事業として、提案、創設 
1990NTT退職
ファッション工学研究所(新規設立) 主任研究員
「カンと経験のファッションの世界へ科学のメスを」
1997龍谷大学 社会学部 教授 「マスコミ論」など
2003 退職

<主な講演テーマ1>
 「ITってなんだ?」 IT時代の解説をする

<主な講演テーマ2>
 「情報通信の温故知新」 現在の情報通信の発達の経緯

<主な講演テーマ3>
 「災害と情報」「災害時医療の現状」 震災体験を踏まえて

<主な講演テーマ4>
 「情報科学研究の経緯と今後の対応」 日本での問題点

<受けられる講演形式>
 講義形式、座談・セミナ方式

<講演実績>
 商工会議所、ロータリー・クラブ、電通・広報学校、婦人会など
 企業研修(関西電力、日本生命など)

<年間講演回数>
 最近は2〜3回/年 現役時代は多かったが、、 

<メディア出演等>
 TV 「謎を解け!まさかのミステリー」など
  AP通信 Japan Times 2006/Feb/4 Matsushita sell Universal stake
  Honolulu Star-Bulletin 2005/Feb/28 Shakin’up Japan など
  国内新聞、雑誌多数

<著作物・論文等>
 最近10年
 2006 「Preventable Death をなくすために」 日本透析医会雑誌
 2005 「情報通信の温故知新」  情報通信学会誌 
 「災害時医療連絡協議会の活動について」 日本災害情報学会
2004 「情報通信学」 共著   情報通信学会
2000 「サイバー時代へ向けて」  情報通信学会誌
1999 「未来研究と未来学」  龍谷大学 紀要
1996 「震災と情報」  情報通信学会誌

<受賞歴・記録・出場歴等>
 1968 『情報産業論』加入電話1千万突破記念論文(中央公論)入賞
 1970 Future Research Conference Kyoto’70 member

<委員・兼職等>
 現在、学会役員などは辞職
 災害時医療連絡協議会 会長
 日本透析医会 災害医療支援船計画(日本財団支援事業)
 本部役員 災害情報プロジェクト 主査
 日本・日時計の会 副会長 

<出身地>
 本 籍 東京都(中央区日本橋)
 生育地 神戸市

<母校>
 兵庫県立神戸第一中学校
 兵庫県立神戸高等学校
 神戸大学 理学部 物理学科

<依頼者への要望>
 戦時中に軍事教練を受け、敗戦後には男女共学であった。サラリーマン、大学教員などいくつかの職をこなしてきが、その体験をどう生かせるか、
 理学士が技術者として生計をたて、大学では社会学部でマスコミ論を教え、今は文学部の教壇に立ち歴史を語る。一方、医師を中心とする災害時医療連絡協議会の会長を務める。「その道一筋」ではなく、よく言えば臨機応変、好奇心の赴くままに過してきた70過ぎの老学徒から何かを聞きだしたいとお役にたつならお話をしたい。
 サラリーマンの時も労働組合に新技術を解説する役割であったし、ミュージアムを創った時にも、婦人会などに新しい技術を分かりやすく話すことに勤めた。科学・技術と社会を結びつけるべく、理系の人には社会と人間を、文系の人には理系の考え方の解説を試みている。
 学徒に停年はない。情報文明論として情報通信の体系化への取り組みの姿勢は崩してはいないつもりである。
最新のレビュー: 14
 

この講師は 2007/01/12 にカタログに登録されました。

レビューを読む

地域情報
その他の講師
友達に知らせる
 
この講師のURLを友達にメールする

株式会社イー総研® 講師.com®は株式会社イー総研の登録商標です。
本サイト上で記載されている写真、講演者名(芸名)、キャッチフレーズ等の権利は、それぞれの権利を管理する法人もしくは個人に帰属するものを、ご承諾いただいた上で掲載しておりますので無断転載はお止め下さい。
(株)イー総研グループサイト 専門家.com 取引先.com 見積.jp 見積り.jp 見積もり.jp 講演.com 自然薯.com